【国際線】ガルーダインドネシア航空(羽田-ジャカルタ)初搭乗レポ

インドネシア

はじめてのガルーダインドネシア航空で、ジャカルタまで直行7時間の旅!

食事やサービスなどの体験談を書いていきます!

ガルーダインドネシア航空を選んだ理由

結論:快適さをお金で買った。

前にLCCを数回乗り継いで行った教訓から、今回は荷物も多い・直行便で行きたい・機内食食べたい!ということで、とにかく楽をしたくて羽田発で!

日本発着便の国際線は、受託荷物46㎏(エコノミークラス)まで無料なので、荷物が多い場合は特におすすめです。

インドネシア人、お仕事で行かれてるだろう日本人の方々が多かったです。

搭乗してから機長から”飛行機内の荷物が思ったより重かったので航路変更の確認します”とアナウンスが入り、30分くらい日本の土地を目に焼き付けてました。夏休みでみんなお土産たくさん買ったんだよね(笑)


アメニティーと乗り心地

エコノミークラスの席には、ひざかけ、まくら、ヘッドホンが置いてあって、画面の下にUSBがありました。

直行便で7時間くらいかかるので、他にご自身で快適に過ごせるアイテムがあれば、より楽しく過ごせるかと思います。

座席もそれほど狭い・固いとは感じず、しかもANAとのシェア便だったので、ANAの客室乗務員さんの心地よい接客を受けながら過ごしました。

機内食

食べ物の提供が軽食含め5回ありました!

①離陸後ほどなくして、黒糖風のお菓子。

②その後に、念願の機内食!! 「牛丼 or 白身魚とジャスミン米」の2択で、白身魚を選択。


ジャスミン米ある上に、パンと巻きずし1巻が付いてきて、この時点で結構お腹いっぱい。
味も美味しかったし、なにより機内食ってだけでなんか楽しい。

③そこそこの満腹感でちょっと一休みと思っていた矢先に、デザートが配られました。

ハーゲンダッツのバニラ。溶けちゃうと思い、早めに食べました。

ここから少し時間が空くので、お腹を休ませていきます。

④そうこうしているうちに、パンが配られます。変わり種じゃなくて、プレーンなパンだった気がする…。

⑤着陸前にアメちゃん。

ちなみに、この間に水1本配られ、ドリンク聞かれる回数が3~4回あるので、お腹は大満足。

映画は種類豊富

楽しみにしてた映画!旧作から最新作まで本数かなりあって、何を観るか本当に悩みました(笑)

”2週間までくらいまで映画館でやってなかった⁉(体感)”って感じの超最新作もいくつか。

フライト時間が7時間くらいあるので、2~3本見れるのは嬉しいところ。(眼精疲労になりそう)

まとめ

久しぶりの国際線で、初めて国営のガルーダインドネシア航空に乗りましたが、快適でした。

長期滞在で荷物が多い場合、LCCだとお金が逆にかかることもあるので、ガルーダインドネシア航空おススメです!

サイトも日本語ですし、日本のサポートオフィスもあるので(電話したことありますが日本人の方が丁寧に対応してくださいました)、安心できる面は多いんじゃないかな!

近いうちに、ガルーダ国内線レポも書こうっと。

タイトルとURLをコピーしました